事業立ち上げの経緯: 「スキ軸」or「デキル軸」

こんにちは、経営コンサルタントの入野です。

本日は「事業立ち上げの経緯」について解説します。

【事業計画書での位置づけ】

  1. エグゼクティブサマリー
  2. 事業立ち上げの経緯
  3. マネジメントチーム
  4. 会社概要
  5. 経営理念・事業理念
  6. 商品・サービスの概要
  7. 儲けの仕組み
  8. 市場および競合の分析
  9. マーケティング/営業
  10. 立ち上げ戦術
  11. 成長戦略
  12. オペレーション計画
  13. 人事戦略
  14. 財務計画
  15. 資金調達
  16. 出口戦略
  17. リスク管理
  18. プロジェクト管理

・ 事業アイディアを思いついた経緯
・ なぜその事業をしようと思ったのか
など
について説明するセクションです。

「マネジメントチーム」のセクションに、
経営陣のパーソナルストーリーとして統合しても可です。

 
 
 

初級者によくある間違い

■ 「いつか」 「五日」 「Never」

セミナーやビジネススクール、起業サイトには
起業したいという方が多くいらっしゃるのですが、
「いつ起業しますか?」と問うと、
「いつか」と答える方が多いのです。

法人登記は5営業日でできるのですが、
「いつか」は「五日」よりも「Never」に近く、
実際には起業しないケースが多いのです。

実際に起業する人は
「30歳の誕生日の5月17日」や「設立資本金777万円貯まったら」と
大して合理的な根拠はなくても
日付やトリガーを決めています。

起業は人生を狂わすリスクが高いので、
全ての方が起業に踏み切る社会は不健全だと思います。

しかし、セミナーやスクールで熱心に勉強するにもかかわらず、
なかなか起業への一歩を踏み出せない方が多いのは
合理性を超えたキッカケや工夫が必要なのかもしれません。

 
 
 

中級者でもよくある間違い

■ 「カネ」が足りないからだと思いこむ

「カネ、モノ、ヒト、ノウハウのうち、起業には何が最も必要か?」
と問われた時に、
「カネ」と答える人は多いです。

しかし、実際には、
カネが足りないから事業を立ち上げられないわけではありません。

圧倒的に重要なのはヒト。

ヒト(≒人脈/起業仲間)さえ集まれば、
カネ(≒投資/融資)もノウハウも後からおまけでついてきます。

事業立ち上げの準備段階や起業直後に意識するべきは
いかにしてヒトを集めるかということです。

 
 
 

上級者の使うテクニック

■ 「できるけど、そんなに好きじゃない」より
「そんなに得意じゃないけど、メッチャ好き」を選ぶ

「どんなビジネスを始めるべきか」を考える際によく使うマトリックスです。

スライド

一番いいのは「好き」で「得意」なビジネスを始める経営者。

センミツと言われるほど起業は失敗することの方が圧倒的に多いのですが、
「好き」で「得意」なビジネスをやっている経営者は成功確率が高く
失敗や挫折にぶつかっても、結果よりもプロセス自体を楽しめます。

そんな幸せな人は稀で、
実際に数が多いケースは
「できるけど、そんなに好きじゃない」
「そんなに得意じゃないけど、メッチャ好き」
の2つの間で悩むケース。

どちらが成功するかというと、私の感覚では圧倒的に、
「そんなに得意じゃないけど、メッチャ好き」の方です。

理由は

  • 本当に好きなら
    「そればっかり考える」ので、いずれウマくなるから。
  • できるかどうかという能力の軸は、
    世の中には上には上がいて、
    「好きじゃないのに得意だ」と言っている人のレベルは
    実際には大したことがない
    のです。
  • 起業とは、いかに自分よりも優秀な人々から力を借りるかという
    「借り物レース」のようなものです。
    カネもないベンチャー企業が借り物をお願いする手段としては、
    「このビジネスが好きだから、協力して!」という情熱しかなく、
    情熱だけは借りられないので。

「どんなビジネスを始めるべきか」を考える際には
「事業として成立するか」などの客観的なフィジビリティスタディの前に、
「この事業が本当に好き!と腹の底から言えるかどうか」という主観が大切です。

 
 
 

編集後記: カメラマンのスキル

昨日、取材を受ける機会がありました。

ライターさんからの質問を受けながら、
カメラマンさんが写真を取ってくれる形式でした。

普通はどの瞬間でカメラ用の顔やジェスチャーを作ってあげればいいんだろうと、こっちが変に意識してしまうのですが、
私が撮られているのに気づかないぐらい、
カメラを全く意識しなくていいように撮ってくれて、
その雰囲気づくりのスキルにびっくりしました。

本日は以上です。

代表取締役 経営コンサルタント 入野
  • 日本最大のビジネスプランコンテストで1位2位のワンツーフィニッシュ
  • Asian Entrepreneurship Awardで1位2位のワンツーフィニッシュ
  • Google検索「事業計画書」No.1
  • 日本最大のクラウドビジネスアワードの審査員
  • 年間300人以上の経営者に会い、100本以上の事業計画をレビュー
  • 東京大学法学部を休学し
    University of British Columbia (カナダ)へ転入・卒業
  • 世界第2位のソフトウェア会社OracleでITコンサルタント、
    外資系コンサルティング会社にて経営コンサルタントを経て
    Linzy Consulting株式会社を設立
  • IT業界から航空宇宙業界まで
    数社のベンチャー企業、大手企業の取締役・顧問をつとめる
  • 執筆:日本実業出版、日経BPなど
  • 講演:政府系金融機関、証券会社、一部上場企業、コンソーシアムなど
  • 10年ぶりにプログラミングを再開しハッカソン優勝
  • その他:千に三つの世界での失敗経験は数知れず・・・

Twitter


お知らせ: MVPメンターを受賞

第16回MIT-VFJビジネスプランコンテスト&クリニック(BPCC16)にてメンターを務めさせていただきました。最優秀メンターに選ばれました。クリスタルの盾をいただき、記念撮影をパチリと。

事業計画書のパワーポイントのダウンロード

E-mail(必須)
確認のためもう一度(必須)

【パーミッション】(必須)
 事業計画をテーマとした入野の書籍が欲しい
      『今まで誰も教えてくれなかった事業計画のリアルな考え方』(仮題)

  事業計画・プロジェクト管理についてのメルマガが欲しい

  事業計画書パワポのサンプルが欲しい

  特に何もいらない

登録解除