IPO: J-SOXはミニマム対応を

SOX発祥の地アメリカでも「SOX法は悪法だ」という否定的な見方が広まりつつあります。
J-SOX導入のお手伝いをさせていただき、コンサルタントとしては恩恵を受けておりますが、
経営者としての私の本音は否定派です。


理由は:

  • 過剰なコスト負担

    米国の上場企業がSOXに費やした費用は平均4億円以上。
    日本でも10億円を越える費用を費やした企業もあります。

    企業にコスト負担を強いる政府規制として過剰といわざるを得ません。

  • 規制としてフォーカスがぼけている

    虚偽の財務報告の多くは、誤謬ではなく不正。

    しかも、従業員による不正ではなく、経営者による不正が多いのが実態です。

    従業員レベルの業務プロセスを3点セットとして細かく文書化するよりも
    経営者による確認書(宣誓書)だけでよかったのに・・・

 
 

いかにミニマム対応するか?

すでに金融商品取引法が施行され、政府実施基準までも決定してしまったので、
今となっては、「いかに低コスト・低工数負荷にとどめるか?」が問題です。

検討ポイントは:

  1. 外部リソースの費用をいかに押さえ込むか?
  2. 「3点セット」の文書化範囲を抑え、いかに「チェックリスト」で済ませるか?
  3. 整備・評価フェーズでの運用テストの工数をいかに押さえ込むか?
  4. 初年度だけでなく、毎年のSOX対応タスクの負荷をいかに抑えるか?

米国の上場企業が費やしたSOX費用4億円の内、1.6億円(≒40%)は外部リソース(コンサルや監査法人)のコストなので、ポイント1(外部リソースをいかに押さえ込むか)が最も重要となります。

例えば、コンサルタントに3点セットを書かせるよりは現場のマネージャに書かせるなどの策が必要です。ヒアリング工数を削減でき、伝言ゲームによる文書の品質低下も起こりにくいので。

本日は以上です。

代表取締役 経営コンサルタント 入野
  • 日本最大のビジネスプランコンテストで1位2位のワンツーフィニッシュ
  • Asian Entrepreneurship Awardで1位2位のワンツーフィニッシュ
  • Google検索「事業計画書」No.1
  • 日本最大のクラウドビジネスアワードの審査員
  • 年間300人以上の経営者に会い、100本以上の事業計画をレビュー
  • 東京大学法学部を休学し
    University of British Columbia (カナダ)へ転入・卒業
  • 世界第2位のソフトウェア会社OracleでITコンサルタント、
    外資系コンサルティング会社にて経営コンサルタントを経て
    Linzy Consulting株式会社を設立
  • IT業界から航空宇宙業界まで
    数社のベンチャー企業、大手企業の取締役・顧問をつとめる
  • 執筆:日本実業出版、日経BPなど
  • 講演:政府系金融機関、証券会社、一部上場企業、コンソーシアムなど
  • 10年ぶりにプログラミングを再開しハッカソン優勝
  • その他:千に三つの世界での失敗経験は数知れず・・・

Twitter


お知らせ: MVPメンターを受賞

第16回MIT-VFJビジネスプランコンテスト&クリニック(BPCC16)にてメンターを務めさせていただきました。最優秀メンターに選ばれました。クリスタルの盾をいただき、記念撮影をパチリと。

事業計画書のパワーポイントのダウンロード

E-mail(必須)
確認のためもう一度(必須)

【パーミッション】(必須)
 事業計画をテーマとした入野の書籍が欲しい
      『今まで誰も教えてくれなかった事業計画のリアルな考え方』(仮題)

  事業計画・プロジェクト管理についてのメルマガが欲しい

  事業計画書パワポのサンプルが欲しい

  特に何もいらない

登録解除