プロジェクト管理: 「優秀な部下のサボり方」

こんにちは、経営コンサルタントの入野です。

本日の事業計画書の書き方は
プロジェクト管理について解説します。

事業計画はいいけど、本当に実行できますか?
ということを記述するセクションです。

 
 
 

事業計画書におけるプロジェクト管理の位置づけ

【事業計画書の目次】

  1. エグゼクティブサマリー
  2. 事業立ち上げの経緯
  3. マネジメントチーム
  4. 会社概要
  5. 経営理念・事業理念
  6. 商品・サービスの概要
  7. 儲けの仕組み
  8. 市場および競合の分析
  9. マーケティング/営業
  10. 立ち上げ戦術
  11. 成長戦略
  12. オペレーション計画
  13. 人事戦略
  14. 財務計画
  15. 資金調達
  16. 出口戦略
  17. リスク管理
  18. プロジェクト管理

ベンチャーのプロジェクト管理は
大企業の大規模プロジェクト管理とはすこし毛色が違います。

 
 
 

初級者によくある間違い

■ PMBOKを完璧に導入しようとする

PMBOKやCMMなどのプロジェクト管理手法で定義されている、
「プロジェクト管理プロセス」をフルパッケージで導入してしまうケースです。

・進捗管理
・課題管理
・コスト管理
・品質管理
・組織/要員管理
・コミュニケーション管理
・リスク管理
・調達/購買管理
・外注管理
・変更管理
・構成管理
・文書管理

これらすべてのプロジェクト管理プロセスごとに
起票~報告~クローズなどの管理タスクを導入するのは
ベンチャーではあまりよくありません。

マズい理由は

  • プロジェクトリーダー(≒社長)に管理工数の負荷がかかりすぎるから
  • 意思決定のスピードが鈍るから
  • メンバーがアイディアや自主性、モチベーションを失うから

進捗管理や課題管理はほぼ必須で導入するべきですが、
・ WBSは書かずに、カレンダーの日付で管理する
・ 課題管理表は紙に落さずに口頭で運用するのか
など
事業の性質やメンバーのレベルに合わせて
メリハリの効いた管理レベルが重要です。

ベンチャーの考え方では
理論上目指すべき究極のプロジェクト管理の形は
PMBOKをフルパッケージですべて完璧に導入することではなく、
全く管理しないことなのです。

 
 
 

中級者でもよくある間違い

■ 計画修正タスクがない

事業計画で一つだけ100%確実なことは
計画どおりには進まないこと。

ベンチャーの事業計画では
当初想定した仮説はハズれまくります。

2-3か月かけて書いた事業計画も
1か月後には必ず形骸化しはじめます。

そこで、重要なのは、
いかにスピーディーに事業計画を修正するか。

プロジェクト管理のスケジュールに
・1か月ごとに定期的に見直す
・リスクトリガーの発現時に見直す
など
「計画修正のタスク」が定義されているべきなのです。

 
 
 

上級者の使うテクニック

■ 優秀な部下のサボリ方を見抜く

優秀な人材はサボり方もウマいのです。

サボるといっても悪意があるわけではありませんが
典型的な例を挙げると:

  • 失敗したことの報告がない
    本当に完璧か、チャレンジしていないかのどちらかです。
  • 計画のせいにする
    ある施策やタスクがうまくいかない原因は
    計画段階の仮設が外れているからと主張するケース。

    ベンチャーの事業計画では仮説が外れるのは当たり前ですが、
    仮説のポイントが少しぐらいハズれていても
    振り抜いてポテンヒットを狙うのが重要です。

    計画のせいにするケースの多くは、
    そもそも本人がタスクを本当に徹底的にやり抜いてないだけです。

  • 相手のせいにする
    よくあるケースは
    「相手の反応がないので、タスクが遅れてます」
    「相手のタスクが遅いので、タスクが遅れてます」
    というケース。

    相手の反応や返球のスピードを考慮して期限に納めてはじめて、
    「優秀」なのです。

  • 「やり残したこと」や「やりたいこと」の報告がない
    報告者の心理は自分の努力を認めてほしいという気持ちが強いので
    「自分がどれだけやったか」を報告しがちですが、
    進捗を把握する上で重要なのは
    「何をやり残していて、あとどれ位かかるか」です。

    また、優秀な人材は「言われたこと」をこなすのは優秀ですが、
    「言われてもないけど、自分がやってみたいこと」の相談がない場合は
    挑戦をサボっているのです。

上級者の社長は、
このような優秀な人材のサボり方を見抜き、
いかに本来の優秀さを活かすかをひたすら考えています。

 
 
 

編集後記:Next Big Things

Next Big Things≒次の時代を造るようなビジネスは何かと考え、
ドラッガーの「ネクストソサエティ」を再び読み返し
いろいろな方と意見交換をしています。

  • 小さな変化でも次のタネはもう芽吹いている
  • 全く関係ない産業の技術の応用が別の新たな巨大産業を産む
  • 環境分野に集まってる投資はバブルだなぁ

と感じてます。

本日は以上です。


お知らせ: MVPメンターを受賞

第16回MIT-VFJビジネスプランコンテスト&クリニック(BPCC16)にてメンターを務めさせていただきました。最優秀メンターに選ばれました。クリスタルの盾をいただき、記念撮影をパチリと。



代表取締役 経営コンサルタント 入野
  • 日本最大のビジネスプランコンテストで1位2位のワンツーフィニッシュ
  • Asian Entrepreneurship Awardで1位2位のワンツーフィニッシュ
  • Google検索「事業計画書」No.1
  • 日本最大のクラウドビジネスアワードの審査員
  • 年間300人以上の経営者に会い、100本以上の事業計画をレビュー
  • 東京大学法学部を休学し
    University of British Columbia (カナダ)へ転入・卒業
  • 世界第2位のソフトウェア会社OracleでITコンサルタント、
    外資系コンサルティング会社にて経営コンサルタントを経て
    Linzy Consulting株式会社を設立
  • IT業界から航空宇宙業界まで
    数社のベンチャー企業、大手企業の取締役・顧問をつとめる
  • 執筆:日本実業出版、日経BPなど
  • 講演:政府系金融機関、証券会社、一部上場企業、コンソーシアムなど
  • 10年ぶりにプログラミングを再開しハッカソン優勝
  • その他:千に三つの世界での失敗経験は数知れず・・・

Twitter



事業計画書のパワーポイントのダウンロード

E-mail(必須)
確認のためもう一度(必須)

【パーミッション】(必須)
 事業計画をテーマとした入野の書籍が欲しい
      『今まで誰も教えてくれなかった事業計画のリアルな考え方』(仮題)

  事業計画・プロジェクト管理についてのメルマガが欲しい

  事業計画書パワポのサンプルが欲しい

  特に何もいらない

登録解除